FC2ブログ
プロフィール

桂川ままま

Author:桂川ままま
主に二次創作アニメを製作
代表作「新学期アヴェマリアン」

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

まままの一言日記
管理人・桂川まままの雑記帳(注:18禁要素有り!) 本来は二次創作絵師だが、現在は気まぐれでフィギュア製作を行っている。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボご用心
blog_photo_0044.jpg
前回の更新後、ポージングやパーツの分割位置などを大幅に変更しました。
そのおかげでパーツ同士のすり合わせに多大な労力を費やすハメに・・・・

blog_photo_0045.jpg

blog_photo_0046.jpg
理想の嫁にはまだ遠いですね・・・・

現在放映中のアニメが、来週あたりから最終回を迎え始めるので要チェックです。
中でも気になっているのは、オリジナル展開になってしまった「バンブーブレード」、以外に面白い「true tears」、原作を全巻購入しつつもアニメ視聴のために読むのを控えている「狼と香辛料」、余計なキャラさえ居なければそれほど叩かれなくて済んだと思われる「みなみけ~おかわり~」、なんだか微妙になってしまった「灼眼のシャナⅡ」などなど。

視聴者の納得のいく最終回を迎えることができる作品が、はたして幾つあるのか?
「良作」「神作」と高評価されるのはどの作品か!?

注目しましょう!

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
撮影の勉強
blog_photo_0041.jpg
模型の撮影講座などのサイトを見たりして、色々試してみる。(被写体の中心がズレてますな・・・orz)
どうやら今まで接写用レンズで撮影していたのがマズかったみたい。
望遠ズームだと良い感じになりました。

blog_photo_0042.jpg
三脚とか無いので、手ブレが激しい。

blog_photo_0043.jpg
目つきがキツい感じがします。制服のシワなども気に入りません。
まだまだ完成には程遠いようです。



4月も楽しみですな!

四苦八苦
blog_photo_0038.jpg
スカート部分を製作中。土台には油粘土を使用してます。

blog_photo_0039.jpg
現在の本体と、以前の遺物・・・。グレーのパーツはエポパテ製のスカート。

blog_photo_0040.jpg
やはりカメラ撮影による被写体の写り方が変な気がする・・・

最近気になるネタ↓

これで一体どうしろと・・・orz

飲み過ぎで頭痛がする
blog_photo_0034.jpg
新ボディ調整中。(後に残骸と化した旧ボディが・・・)

blog_photo_0035.jpg
衣装は脱着式にする予定なので、本体(肉体)もしっかりと作ります。

blog_photo_0036.jpg
blog_photo_0037.jpg
少しは撮影の勉強もしないと・・・

長年、無理な姿勢で作業(仕事含む)していたせいか、首(頚椎)に傷みが入るようになりました。
多分こういうのって治らないんだろうなぁ・・・

エロス!エロス!エロス!
blog_photo_0032.jpg
胴体。特に本体の肉付けの作業が妙に楽しくなるのは何故だろう・・・

blog_photo_0033.jpg
パーツの一部に不適切な表現があるのは大目に見てくださいw

嫁を理想通りのプロポーションにするために頑張ろう!

すべてを一から・・・
blog_photo_0028.jpg
本当に少しずつだけど、イメージに近くなってきた気がする。

唐突だけど、思い切って胴体部をすべて一から作り直すことにした。
blog_photo_0029.jpg
まずはコピー用紙にプリントアウトしたアウトラインのガイドを、ポリパテのプレートに転写する。

ポリパテプレートの作り方
1.コピー用紙に希望する厚み分のプラ棒、又はプラ板をかます。
2.ポリパテを盛る
3.コピー用紙でサンドする。

状態で言うとこんな感じ↓
 ━━━━━コピー用紙━━━━━
 プラ棒    ポリパテ    プラ棒←厚み分の太さ(2~3ミリが理想)
 ━━━━━コピー用紙━━━━━

アウトラインを鉛筆などで書いておくと、簡単にポリパテに転写することが出来ます。
綺麗な平面状のプレートを作りたい時は、ガラス板などを乗せて重りとしたほうが良いでしょう。

blog_photo_0030.jpg
プレートをラインに沿って切り出し、

blog_photo_0031.jpg
それぞれに組み立てる。

この後、各パーツにポリパテを盛りつつ削りだして形を整えていきます。
いっそ可動用の関節パーツをしこんで、アクションフィギュアにしても良いかもしれない。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。